ATTITUDEの最新速報

ATTITUDE

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

放射線に対する情報 by D.Tommy

放射能対策は前回書いたので、今回は緊急時がいつかを判断する為の情報を書きました。

放射線に対する実験結果。

1.実験方法
 総数4,000匹の特定の病原体をもたない(SPF)マウス*を用い、平成7年度から実験を開始した。生後8週齢の2,000匹のオス及び2,000匹のメスのマウスを4つのグループ(1つの非照射対照群及び3つの照射群)に分け、照射群については1日当たり20mGy、1mGy、0.05mGyの線量率のセシウム-137のガンマ線を約400日間連続照射(1日22時間)した。これらの線量率は日常生活での自然放射線被ばく(内部被ばくを除く)の約8,000倍、400倍及び20倍に相当し、集積線量はそれぞれ8,000mGy、400mGy及び20mGyとなる。これらのマウスを死亡するまでSPF条件の下で飼育し、各実験群の寿命を比較した(図1)。

(1) 自然放射線の20倍程度の照射である0.05mGy/日照射群(集積線量20mGy)では、オス、メス共に寿命に影響は認められなかった(統計的な有意差はない)。
(2) 1mGy/日照射群(集積線量400mGy)では、オスで寿命に影響は認められなかったが、メスでは、約20日の寿命短縮が認められた。
(3) 20mGy/日照射群(集積線量8,000mGy)では、オス、メス共に100日以上の寿命短縮が認められた。
0.05mGy=約40マイクロシーベルト=40000ナノシーベルト


とりあえず放射線量をリアルタイムで表示しているサイトを紹介しておきます。


川崎 横浜
http://www.atom.pref.kanagawa.jp/cgi-bin2/telemeter_map.cgi?Area=all&Type=WL

茨城県
http://www.houshasen-pref-ibaraki.jp/present/result01.html

全国主要部
http://www.bousai.ne.jp/vis/index.php

みんな政府や周りの人に流されず、自分自身の考えで判断して行動してください。

また、恥ではなく事の善悪で判断する事を薦めます。

 < 内部被爆と外部被爆 by D.Tommy + 放射能の知識 by D.Tommy > 

コメント

今、安全だから逃げる必要ない!と言ってるやつは、他人に自分の意見を押し付けるのやめろ!

逃げたいやつは逃げろ!

残りたいやつは残れ!

このまま残っていても先が見えない。仕事も食料も長期的に不安定になる。

仮に被爆の恐れがなかったとしても、この状態が半年~一年以上続くのに、関東でいてまともな生活出来るのか?

トミーさんはまだ東京にいるのですか?
12012のメンバーは関西に帰ったのかな。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://attitudemovie.blog31.fc2.com/tb.php/531-5b317aef

 | HOME | 

Calendar

« | 2017-07 | »
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。